« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

少年メリケンサック

を、見てきました。

 

宮崎あおいがものすごくかわいかったです。

 
 

そんだけ。

 

内容は…

 

ん~、

 
 

ん~、、、

 
 

ん~、、、、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラテラル・シンキング【解答編】

お久しぶりです。

先日紹介しましたこちらの本。
『ポールスローンのウミガメのスープ』
株式会社エクスナレッジ

水平思考(ラテラルシンキング)解答編でございます。

 

 

 

問題はこちら。

 

 

「地下室の扉」

小さな女の子が両親に、決して地下室の扉を開けてはいけない、開けたら見てはいけないものを目にすることになる、と注意されていた。 
 しかし、ある日、両親が出かけている間に女の子は地下室の扉を開けてしまった。
 女の子が見てはいけなかったものとは、いったいなんだろう?


 
 
 
 
 

水平思考ができるかって話です。

思いつくかどうか。

 

 

 

地下室の扉を開けてはいけない。
と言われたら、まー地下に何かあるんだろうなぁと、思う。

思っちゃう。

 

で、地下に何があるんだ??

 

と考える。

 

 
はい、もうハマってます。

 











 

気付くべきは、







 
 


地下室の扉をどこから開けるか。







普通、地下室に入るために、開ける。



 

けど。
もしそれが逆だったら?












つまり。

この女の子は、地下室の中から、扉を開けたのです。

 
 
 
 
 

■ ヒント
Q: 女の子は驚いたり、ぎょっとしたりするような何かを目にした?
A: はい。
⇒ そりゃ驚いただろうね。

Q:  それは誰もが驚くものだった?
A: いいえ。
⇒ その子以外は、驚かないね。きっと。

Q: 普通、地下室に入れることはない何かが、地下室に入れられていた?
A: はい。
⇒ つまり、女の子が。

Q:  女の子はその何かを目にした?
A: いいえ。
⇒ 地下室に入れられてた何かを見たわけではないのです。
   女の子が見て驚いたものと、此処で言う「その何か」はイコールではないのです。

Q: 女の子は地下室の扉を開けて、何かの生き物を目にした?
A:  いいえ。
⇒ 生き物とか、そーゆー具体的な何かじゃなかったわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ってわけで、答えは「外の世界」。

 

 

納得がいったでしょうか。

気づいたらすぐだと思うんだけど。。。

 

 

 

 

 

 

それにしてもぶっこぬきは早かったなぁ。
センターの国語(放送禁止)点のくせに。

妄想力がはんぱねぇんだな。

 

 

 

 

 

そんな感じで、次回もお楽しみにっ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ラテラル・シンキング

 

お久しぶりです。

最近また源平熱が盛り上がってまいりました。
買っちゃったよ『義経英雄伝修羅』(PS2のゲーム)。

俺は義仲派なんだけどね。

あ、あと辻村深月はあたりだと思う。海堂尊も。
どれも面白かったよ。

そんな近況。

 
 

で、本日はこちらの紹介。
『ポールスローンのウミガメのスープ』
株式会社エクスナレッジ

水平思考(ラテラルシンキング)ってやつです。

今日も今日とて1問ご紹介。

 

「地下室の扉」

小さな女の子が両親に、決して地下室の扉を開けてはいけない、開けたら見てはいけないものを目にすることになる、と注意されていた。 
 しかし、ある日、両親が出かけている間に女の子は地下室の扉を開けてしまった。
 女の子が見てはいけなかったものとは、いったいなんだろう?

 

これは、「ゲーム」です。

解答者には質問をする権利が与えられます。
出題者はその質問に対し、「はい」「いいえ」「関係ありません」の3種のみの返答を返します。

■ ヒント
Q: 女の子は驚いたり、ぎょっとしたりするような何かを目にした?
A: はい。

Q:  それは誰もが驚くものだった?
A: いいえ。

Q: 普通、地下室に入れることはない何かが、地下室に入れられていた?
A: はい。

Q:  女の子はその何かを目にした?
A: いいえ。

Q: 女の子は地下室の扉を開けて、何かの生き物を目にした?
A:  いいえ。

 

質問と解答は随時受け付けます。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »