« 名前についてあんまり本気出さないで考えてみた | トップページ | 205 »

幸せについて本気出して考えてみた

時の古今に関せず、洋の東西を問わず。

人が地上に誕生してから各地で行われてきた”試合”。

 

例えば江戸時代。

徳川三代将軍家光の前で行われた”御前試合”。

 

例えば古代ローマ。

スパルタクスと呼ばれた剣奴たちの”試合”。

 

それは今で言う試合(ゲーム)ではなくまさに命をかけた”死合い”。

敗者には死を。

 

”死合い”を行わせることを俗に”死合わせ”ると言った。

命のやりとりを見て楽しむ。

そんな人々は、実際、存在した。

 

”死合わせ”ることは彼らにとって最高の快楽だった。

 

そこから、”しあわせ”という言葉ができたと言われている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

っていう嘘話

|

« 名前についてあんまり本気出さないで考えてみた | トップページ | 205 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/12455/9966776

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せについて本気出して考えてみた:

« 名前についてあんまり本気出さないで考えてみた | トップページ | 205 »