« 感想とか書いちゃおうかなっ | トップページ | 今日は何を食べたんだろう »

感想 第2弾~

「君の名残を」 浅倉卓弥

涙の名作『四日間の奇蹟』で『このミス』大賞を受賞した浅倉卓弥。待望の第2弾は、激動の平安末期を舞台に壮大なスケールで描く衝撃と慟哭の絵巻。前作を超える圧倒的な物語(エンタテインメント)が展開される。 幼馴染みでそれぞれに男女の剣道部の主将を務める高校生、白石友恵と原口武蔵は、下校途中、工場火災に巻き込まれ、そのまま消息を断った。二人は、友恵の友人由紀の弟・志郎と共に、平安末期の世界へと呼ばれたのだった…。

そんなわけで浅倉卓弥第2作感想いっちゃおうかなっ。

現代の人間が3人、平安時代に飛ばされるんだけど……ってこう書くとなんかファンタジーな感じするけど、未来から機械を持ち込んだり科学を持ち込んだりなんて一切なし

完全に歴史小説。

でも、もちろんただの歴史小説じゃあない。書いてるのが浅倉卓弥だからね!

さて、前作で俺の心をガッツリ掴んだ文章力ですが……

やっぱ一人称と三人称は違うね; 前作が一人称で今回が三人称だったんだけど、んー……俺は一人称の文章の方が好きだなぁ。ま、今回のは構成上一人称は無理なんだけどね。

なので、今回は文章のおもしろさよりはストーリーのおもしろさで引っ張られました!

いやもう先が気になって気になって!!

ではでは内容のほうに。

途中で「解夏」っていう映画を思い出した。この映画は、主人公の男性が徐々に目が見えなくなって……その葛藤、そしてそれを支える女性の話なんだけど、その映画の中の和尚さんの話がすっごい記憶に残ってるんだよね。

救われることのない「業」。「目が見えなくなるかもしれない」っていう恐怖は……とても、とても恐ろしいものだと思う。その恐怖はずっと消えない。朝も、夜も、いつでも襲ってくる。

その恐怖が消えるのは、その恐怖から解放されるのは、

完全に目が見えなくなったその瞬間。

目が見えなくなれば、「目が見えなくなるかもしれない」っていう恐怖に怯えることはなくなる。

けれど。

当然、今度は「目が見えない」という恐怖に襲われる。

恐怖から解放されるのは、新たな恐怖が生まれるその瞬間。

救われることのない、「業」。

ってまぁこんな話。いや、こんなに酷い話ではなかったんだけどね、そこだけすっごい覚えてるのさ。俺の記憶ん中ではね。実際はもっと救いあったような気がする;

キッツイなーって思ったんだよね。それと同時になるほどな~とね。

たしかに、「目が見えなくなるかもしれない」って恐怖は完全に見えなくなったそのときには消えるよね。「いつか見えなくなるかもしれない」「いつ見えなくなるんだろう」「見えなくなったらどうしよう」って怯える必要がなくなるんだから。

で、戻って「君の名残を」の話。

死なせたくない人がいて、けれど自分はその人の終わりを知っていたとしたら。

「未来」から来た自分。

不確かな記憶だから、いつ誰に殺されるかは知らないけれど、その人の「終わり」を知っていたとしたら。

「死ぬかもしれない」という恐怖に怯え、歴史を変えようと悩み、本当にこれでよかったのかと自らの選択に迷い、それでも、自分の知っている未来を変えようと、命がけでも守ろうとした人。

その恐怖から解放されるのは、その人が亡くなるそのときなのだろう、とか思ってしまった。

その後に襲ってくるのは、それ以上の悲しみなのだろうけれど。

話は完全・完璧に歴史。

でもこれを読むと、木曾義仲・巴御前に対する印象がすっごい良くなると思う。義仲と巴大好きだー(>_<)!

木曾義仲って、他の源氏よりも先に京入ってやりほしたってイメージがあったんだけど、完全に払拭!息子の義高もええ子やねん(T_T)

頼朝コノヤロウ! チクショー!!

最後の伏線がちょっとわかりにくいかな?とか思った。あれ気付かなかったらちょーもったいないよ。

他の人の感想とか見てみたら、みんなだばだば泣いたみたい。反対の意見の人も何人かいたけどね。

あ~でも、あの、その……俺はあんまり泣いたりはしなかったんだけどね;

で、オススメ度。

歴史が好きもしくは歴史に興味があって「源氏とか平氏とか詳しく知りたいな」って人には超オススメ!とりあえず俺は大河ドラマの「義経」見たくなった。見ればよかった。ちくしょうっ。

逆に、歴史に興味ないもしくは木曾義仲?誰ソレ?って人絶対に読まないでください。

おもしろいとつまんない極端に別れるんじゃないかなーって思うから。

あー……おもしろくて先が気になって一気に読んじゃったんだけどさ、若干後悔

もっとじっくりゆっくり大事に読めばよかったよー>_<

とか言ってもそんなん無理なんだけどさぁ。読んじゃうんだよー。やめられないんだよー。でも後から「ああもっとじっくり読めばよかった」なんて思っちゃうんだよー。

わかるかなぁ?この感覚。

忘れた頃にまた読みなおそっと。そのときにはまた違ったこと感じるんだろうなぁ。

|

« 感想とか書いちゃおうかなっ | トップページ | 今日は何を食べたんだろう »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

んじゃ、俺はそれ読まない方がいいんだな(笑)
それはそうと、某T君が一気に読みたいからって言ってずっと目を通してないサイト見てみなよ!!サブエピソードが新たに追加されてるから!
俺はリアルタイムで見てるから結構前に知ってたけどね~
結構『くる』よ♪

投稿: こぬきすと | 2006年1月12日 (木) 01時41分

なにぃ!?
では俺も見てみよっかなー。
あ、こぬきすとはまだマシだった模様。某DAには義仲どころか巴御前すら「誰それ?」と言われました……
誰か日本史専攻はいないのかー!!

投稿: T陽 | 2006年1月12日 (木) 04時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/12455/301267

この記事へのトラックバック一覧です: 感想 第2弾~:

« 感想とか書いちゃおうかなっ | トップページ | 今日は何を食べたんだろう »