« 限定解除! | トップページ | ちょっと奥さん聞いてよっ(近所のおばさん風) »

とてもとても抽象的な話。

たとえばこの色を見て、あなたは何色だと思うでしょうか?

 

このような質問には、誰もが迷うことなく「赤」と答えると思います。

ではもう一つ質問。

 

あなたが見ているこの色とあなた以外が見ているこの色が同じ色をしていると証明することができますか?

 

たとえば私にはこの色こんな色に見えていたとしたらどうでしょう?

私はトマトもリンゴもこの色に見えていて、それが「赤」という色だと思っているのです。

「赤いもの」と言われたとき

あなたはこの色のトマトやリンゴを連想し

私はこの色のトマトやリンゴを連想します。

お互いに話をしていても齟齬はありません。あなたがこの色に見えているすべてのものが私にはこの色に見えていて、お互いがそれを「赤」だと認識しているのですから。

とすると、あなたが見ている「」とあなた以外が見ている「赤」が同じ色だとどうして言えるでしょうか。

あなただけが、違う色を「赤」だと思っているのかもしれませんよ?

 

そう考えると、すべての物が偽りかもしれないと思えませんか?

たとえばあなたが今見ている「パソコン」。

あなたが「四角い形」に見えているだけで、他の人には別の形に映っているのかもしれません。

「同じものに見えている」と証明することができないのですから。

 

そんなふうにすべてを疑っていくと、疑いだらけの世界の中で唯一確かなものがあります。

それはあなた自身。

何かを考え、思うことができるあなたは確かに存在しています。

それだけは、いくら疑っても疑いようのない真実です。

 

我思う、故に我あり。 コギト-エルゴ-スム

 

これが、有名なデカルトの言葉です。

 

 

と、ここまでが実は前フリ。

これでもなるべく短めにしたんで……かつ、俺的デカルト理論解釈が入ってるのでなんかうまく伝わってなかったりもしくは間違ってたりするかもしれませんが;

自分は考えてるから自分は確かにここに存るぜー って考え。

なるほどたしかにそうなんだけど、でもこうも考えられないかなぁ?

自分以外の全員が自分を「いないもの」として扱ったら、その「世界」には自分はいないことにならない?

結局さ、「自分がいるかどうか」なんて自分だけで考えてたら曖昧でそれこそ疑わしくない?

誰かに「キミはここにいるよ」って言われて「あ、俺本当にここにいるんだ」って方がなんか納得できるんじゃないかなぁ。

人って結局さ、誰かに認識されて初めて存在できるんじゃないのかな。

つまり人を人たらしめるのって他者による認識なんじゃないかなって思うわけ。

で、こんなふうに俺がブログとか書いて、それを読んでる人がいて、その人がそれによって何か考えたり(それは納得だったり反発だったりするんだろうけど)したとき

その人が何かを考えた「きっかけ」になったことや(もしかしたら)与えた影響とかが、俺が存在していることの証明になるんじゃなかろうか、と。

俺がいたことで何かが変わったらそれは「俺がいたこと」の証明だよね。

 

 

よくさ、「生まれてきたことの意味」みたいなことあるよね。ドラマとかマンガとかでさ。

「俺はなんで生まれてきたんだ」「私はなんのために生まれてきたの」とか。

そういうの見てて考えたりするんだけど

意味があって生まれてくる人なんていない、と俺は思うんだよね。

だから何かのために生まれてくる人なんていないと思ってる。

でも、生まれたからには何か意味が欲しいと思う。

だからさ、「意味」と「生まれること」が逆なんだと俺は思ってるわけ。

意味が先にあって生まれてくるんじゃなくて、生まれてくるのが先で後から意味ができるってこと。

だから「自分は何のために生まれてきたんだ」なんて考えてもしょうがないんじゃないかな、と。

だって答えなんかないんだもん。これから探さなきゃ。

せっかく生まれてきたんだから何か意味みつけよーっと、ってね。

そんなわけで俺は誰かに影響を与えられるような人になれたらいいなぁとか思っているのでした。

それが〝俺が生まれてきた意味〟になるからね!

 

 

もしも10年後とかにこの文読んだりしたら「あの頃は若かったからな~」とか思うんだろうなぁ。

若いからね。こういうこと書いちゃうってね。「あの頃は若かったなぁ。恥ずかしいなぁ」みたいなね。

でも若いからこんなこと書いちゃうってのと同時に、若い〝イマ〟だからこそ書ける、もっと言うと、若い〝イマ〟しか書けないことだと思ってるから、俺はこんなことを書いちゃったのでした。

 

それにしても長いなぁ(^^;)

最後まで読む人は何人くらいいるんだろう(笑)

あ、まだ電球買ってないや……

|

« 限定解除! | トップページ | ちょっと奥さん聞いてよっ(近所のおばさん風) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

色の話、コアの哲学と倫理でも似た事を言ってたよ。やっぱ太陽は文系だなぁと思った。すげぇ。あとさ、「考えている自分の存在は確かなもの」って言う考え方、スターオーシャン3でもなかった?

投稿: ま~ぶ | 2006年1月18日 (水) 00時35分

taropooのところからリンクしてあるのをたどったら、ここに着きました…。
まさかT陽までブログやってるとは!!
しかも、内容がかなり高度だよ!!すっげえ!尊敬する☆

かく言う自分もHPやブログあるので見てね。
大体毎日更新しているから。

投稿: g.O.T.o | 2006年1月18日 (水) 00時36分

ブログ書くより、これ読むの先決しちゃった

生まれた意味とかはこー考えたことないけど、影響の話はおもいっきし共感するよ。おれなんて、周りにいる人や有名人のいいトコを真似して、影響されてそれでいい大人になれりゃいいって思ってるしね。絵の具で行ったら、すげぇ「クロ」だけどね(笑)
 

投稿: ヒログ | 2006年1月18日 (水) 01時18分

んなぁ(=゚Д゚)・・
周りで見えてる色の話は俺が独自に考えたことだと思ってたのに太陽ちゃんもコアの授業でも既出だったなんて・・
俺が自分で考えてることも他人から影響受けてて、いつの間にか記憶が曖昧になっちゃってるのかもね。
まぁヒロミと一緒ってのはシャクだけど(爆)俺もいいところは真似して自分もよくなったらそれでオールオッケーだと思ってるよ。(´-ω-`)ウンウン

投稿: こぬ~き | 2006年1月18日 (水) 04時29分

おれも"こぬ~き"氏と一緒で、
色とか会話とか、とにかく五感は個々に違う認識があって・・・。
っていうのをあたかも自分が考えたと思っていたけど、有名な概念だったのね(><)
そしてその考え方は、証明は出来ないけど、矛盾はないんだよね。

しかし「自分が存在していること」はちゃんと他人が証明してくれるんだね。

いや~難しいねぇ。。

投稿: can | 2006年1月18日 (水) 10時08分

>ま~ぶ
あ、ごめん。俺もその授業受けてた(^^;)
デカルトにもっていくのに必要だったんで参考にさせていただきました。T陽的解釈が入ってるからまんまパクリじゃないけど……完全オリジナルでもないっす;
ただまぁ、T陽フィルターを通してのインプットとアウトプットなので、そのへんにオリジナリティが……あったらいいなぁ;
 
スターオーシャン3はそういう話だったね。最後あんまり納得できなかったけど(笑)
 
>g.O.T.o
いらっしゃいませ^^
まだ始めて一ヶ月だけどね;
今日はたまたまマジメ(?)な話を書いた日なんだよ!いつもはテキトーだったりするんだよ!俺を尊敬すると痛い目みるよ?(笑)
 
HP見たよ!すっごいね!!あんなに手のこんだもの俺にはできんわ~(>_<)
 
>ヒログ
まぜまぜ。
こう、なんかいろんなもん受け取って、それを自分の中で「自分のもの」にできたらいいよねぇ。
あ、俺もヒロ〇に影響受けてFU〇Kを覚えたよ!
 
って嬉しくねぇぇぇぇ!!(>_<;
 
>こぬ~き
色の話考えてたのか!?すげぇな。俺も似たようなこと考えてたけど、それは〝言葉〟の概念のことだったなぁ。
しかし残念既出だねぇ。コア受けた人は全員知ってるよ!(笑)
 
追伸:暇があったので現在のまで全部読んだよ!説明が続く中、「トナカイ」の話はよかったねぇTT
 
>CAN太
CANも自分で考えてたのか!?すごいなぁ。
証明はできないんだよね。「自分と他人が同じものを見ている」ってのも勿論だけど「自分と他人は違うものを見ている」ってこともね。だから結局は机上の空論にすぎないんだよねー;
 
 >他人が証明
もし鏡がなかったら、人は〝誰かの目に映った自分〟しか自分を見る方法がないからね!
 
 
みんなコメントありがとー!

投稿: T陽 | 2006年1月18日 (水) 15時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/12455/379809

この記事へのトラックバック一覧です: とてもとても抽象的な話。:

« 限定解除! | トップページ | ちょっと奥さん聞いてよっ(近所のおばさん風) »