« ビル・ゲイツの面接試験 解決編 | トップページ | あけましたおめでとうございます! »

「許す」ということ

誰かを  何かを

許すことって、難しいことだと思いませんか?

その人が悪いことをしていたときはもちろん

その人は別に悪いことをしてるというわけではないのだけれど、ただ、自分の価値観からすればそれは許せることではなくて。

周りから、「お前なんでそんなことで怒ってんの?」なんて言われたり。

「悪い」ことではない。けれど「許すことができない」ってこと、ありませんか?

人の価値観はそれぞれだから。

ときに他人が理解できなかったり、自分が奇異の目で見られたり。

そんなこと ありませんか?

それを「許せる」ようになることが

異なる価値観を受け入れられる、器の大きな「大人」になるということなのか。

『自分』という信念を曲げてしまう、つまらない「大人」になるということなのか。

それがどちらなのか 私にはわからないけれど。

昔より多くのことを 私は「許せる」ようになっています。

良くも悪くも 私は「大人」になっているのでしょう。

 

なんてことを考えた2005年最後の日。

ではではよいお年をー!

|

« ビル・ゲイツの面接試験 解決編 | トップページ | あけましたおめでとうございます! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/12455/185381

この記事へのトラックバック一覧です: 「許す」ということ:

« ビル・ゲイツの面接試験 解決編 | トップページ | あけましたおめでとうございます! »